マットレスで質の良い眠りを

マットレスによって眠りの質が大きく左右されると言いますが、これはなぜなのでしょうか。

眠っているときというのは、同じ姿勢のまま長時間いることになります。そのときの姿勢が不自然だと、血行が悪くなって寝返りをうつ回数が多くなります。寝返りの回数が多くなると、それに伴い眠りが浅くなってしまい、その結果眠りの質が下がってしまいます。また体圧をうまく分散ができない場合、腰や肩などの一部に体圧が集中してしまうので、朝起きたときに腰や肩が痛くなってしまいます。このような場合は、マットレスが良くない、あるいはその人に合っていないと言えます。

このように眠っているときの姿勢が悪かったり、体圧がうまく分散できなかったりすると、体への負担が大きくなるために、質の良い眠りをすることが難しくなるわけです。これに対して質の良いマットレスというのは、一般に体圧を分散させる効果が高いという特徴があります。つまり、腰や肩など一部分にのみ体圧がかかるのではなく、他の部分にも体圧がかかるように分散させることができ、腰や肩などの一部分だけが痛くなるのを防ぐことができます。

また、同時に自然な姿勢を維持して眠ることができるようになっています。たとえば仰向けで眠った場合は、背骨が立っているときのようにSの字を描きます。質の良いマットレスで眠ると、朝目覚めた時すっきりと目覚めることができ、体の調子も良いものです。もし、目覚めの悪さを自覚しているならマットレスを買い替えるのも手です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *