多くの種類のマットレスを比較

まず、マットレスの比較対象は大きさがあります。

セミシングルとシングルとセミダブル、ダブルとクイーン、ワイドダブルとキングダブルがあります。大柄な人が一人で寝る場合にはセミダブルだと余裕があり寝やすいです。また、価格帯では安価なアジア圏で作られているマットレスと国内で作られているものでは、スプリングの劣化の速さが違うので耐久性を重視したいなら国内メーカーの物や有名メーカーの物を購入すると良いです。

それに、スプリングが多いと基本的に価格は高いですが、より自然な寝心地になります。これはスプリングで支える面積が増え体の形に順応しやすいからです。また、スプリングの配列に違いもあり、並列配列は柔らかめの寝心地になり、交互配列は横揺れしにくく安定した寝心地になります。この配列がよく比較表にも記載されている固さに影響する部分です。他にもスプリングがないウレタンのマットレスもあります。

ロールタイプで持ち運びには良いかもしれませんが、基本的に寝心地や耐久性に関してはスプリングタイプに劣りますし通気性もコイルタイプと比較すると劣ります。その分価格は安価で、掃除も楽です。また、マットレスの厚みによっても違いがあり、薄い方が安価で固いものが多く、厚い方が高価で柔らかいものが多いです。基本的に20センチから30センチくらいまでの物が多くあります。他にも、裏表両面が使える物や片面しか使えないものがあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *