布団は意外と汚れているのでクリーニングがおすすめ

布団のお手入れというと、外に干すことをイメージする人も多いのではないでしょうか。

天日に干すとふかふかになるので、とても気持ちがいいものです。しかし、干しただけでは汚れを落とすことはできません。シーツやカバーは家庭で洗濯することができるものの布団そのものを洗うことはできないので、意外と汚れが溜まってしまいます。例えば、髪の毛は皮膚片などは、寝ている間に自然に落ちて細かいすき間に入り込んでいます。また、小さいお子さんや高齢者がいるご家庭では夜におしっこが漏れてしまい、それが染みついてしまったといったこともよくあります。

食べ物や飲み物をうっかりこぼしてしまうこともありますし、ペットがいるご家庭ではペットの毛や皮膚片、おしっこなどの汚れが染みつくこともあります。そんな時に便利なのが、布団のクリーニングです。クリーニングを行うことで汚れをきれいに落とせるので、清潔な環境で眠ることができます。また、布団には湿気が溜まるので、ダニやカビといったアレルゲンの元になるとも言われています。

ダニの死骸はそのまま放置しておくと、新たなダニのエサになってしまうのでダニの数は爆発的に増えてしまいます。ですからダニを増やさないためには、ダニの死骸などのアレルゲンを取り除いておくことが重要です。特に、喘息持ちの人やアレルギー体質の人は、アレルゲンが身近にあると症状がひどくなってしまうこともあります。布団をクリーニングして綺麗にすることで、症状の悪化を防ぐことにもつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *