布団を清潔にするのに必要なクリーニング

人は毎日眠っている時にコップ1杯の汗をかくと言われています。

この汗を布団は毎日吸収しています。この状態を放置すると衛生的のも悪くなり、人の体にさまざまな影響を及ぼします。クリーニングをしてきれいにする必要があります。布団には汗のほかに体の皮脂や脂肪やフケ、アカ付着します。時には尿、ペットの毛なども付着します。この状態が続くとダニやカビが発生します。温度的にもダニやカビが発生しやすい環境なので、一度発生したら除去するのは困難です。この状態で毎日使用することで体に悪影響が現れます。アレルギーの原因になります。

アトピー性皮膚炎や喘息、せきや鼻炎などを引き起こすこともあります。かび臭いにおいやアンモニア臭はして、固くなり重さもずっしりと重くなります。このように放置すると布団は衛生的に良くない状態となります。天気の良い日に干しても乾燥はできてもダニはなかなか死滅しません。最近しはんされているダニを吸い取る掃除機などを使っても完全にはほど遠いです。

クリーニングは必要です。クリーニングの仕方はたっぷりの水を使い、布団を水に浸して洗います。汚れのほとんどが水溶性のものなので、この方法が一番効果があるからです。そして専用の洗剤で洗い十分乾燥させます。きれいで清潔に仕上がります。期間は定期的に半年~一年に一度のペースで行うことをお勧めします。ダニなどは半年あれば繁殖するからです。また布団によってはクリーニングに向いていないものがあります。業者に依頼する時に相談して行うことが大切です。
マットレスの口コミのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *