格安SIMで固定費を抑えることができる

格安SIMは、MVNOが提供しているSIMです。
こちらを活用すると、毎月の固定費用を抑えることが可能となります。

大手キャリアの場合、大体の人が7000円前後を支払っていますが、格安SIMに変えると平均で2000円前後の料金に抑えることが可能です。



年間で考えるとこれだけで10万円程の節約につながるため、格安SIMは毎月の電話代を抑えたい人に向いているといえるでしょう。

選ぶ際には、自分の利用スタイルに合っているものを選ぶのが最適です。



従量で料金が決まるのが基本ですから、1日の利用状況を確認して、1月でどれくらいになるかを考えてえらぶと、不足することはないでしょう。
ただし、その重量の範囲内でも、何日間でいくらを超えると制限となる、という条件になっているところも多いので注意してください。

そういった数日単位の制限を嫌う方なら、純粋に月の従量を超えない限り速度制限がかからない会社を選ぶと良いです。



格安SIMはSIMロックを解除していればどの端末でも利用できますが、場合によっては動作しないケースもあります。

これは、通信規格などの違いによるものです。
MVNOでは動作確認済み端末の情報を公開しているので、選ぶ際にはこれも参考にしましょう。

また、MVNOでもSIMフリー端末をセット販売していることがありますが、こちらはそのMVNOでは確実に動作するので、初めから一緒に購入すると不安を感じる必要はありません。